カントン包茎のよくある疑問まとめ!なかなか相談できない悩みを解決させよう

カントン包茎で悩んでいる男性は少なくないです。しかしながら、これは非常にデリケートな問題なので友達や家族には相談できない人が多いと言えます。単なる仮性包茎よりもカントン包茎のほうが珍しいので、相談しづらいと感じる人も多いはずです。

もしも、カントン包茎に関する疑問を抱えているのであれば、よくある疑問を参考にして悩みを解決することがおすすめです。この症状は放置しておくと大きな問題を引き起こしてしまうこともあるので、多くの人が疑問に感じていることを参考にして、適切な方法で悩みを解決していくとよいでしょう。

カントン包茎を治さないとどのような問題が生じるのか

手術などによってカントン包茎を治すことができますが、問題がないのであれば放置しておきたいと考える人もいるはずです。痛みがなくて性行為に支障がない、包皮の内側を清潔に保つことができているのであれば、必ずしも治療をする必要はありません。ですが、多くの場合はカントン包茎であることで性行為や自慰の際に痛みを感じますし、包皮の内側が清潔に保てないケースも多いです。

コンドームをしていればカントン包茎でも痛くないというケースがありますが、将来的に子供を望むのであればコンドームがない状態でも性行為ができるようにしておく必要があります。包皮の内側に恥垢が溜まってしまうと強い臭いを発するようになるので、汚れや臭いでパートナーに不快感を与える可能性もあることを知っておきましょう。

すぐに治療しなくても問題ないと感じるケースもあるかもしれませんが、コンドームがなければ強い痛みがある、綺麗に洗うことができないなどの問題がある場合は早急に治したほうがよいです。自分自身が問題だと感じていなくても、パートナーが悩んでいる可能性もあるので、カントン包茎を治療するべきかどうかパートナーと話し合うことも大切だと言えます。

カントン包茎は自分で治すことができるのか

カントン包茎を自分で治すことができるのだろうかという疑問を持っている人も多いです。包皮口が狭いことでペニスを締めつけてしまうことが問題なので、カントン包茎を治したいのであれば包皮口を広げることが重要だと言えます。手術と違って時間はかかりますが、この部分の皮膚は自分自身で伸ばすことができるでしょう。

専用の器具を用いる、もしくは自分で皮を伸ばすようなトレーニングを行うことでカントン包茎が改善されることがあります。勃起した状態や半勃起の状態で可能な部分までペニスの皮を下げることで、皮を伸ばしていくことができるはずです。無理に亀頭の下の部分まで下げてしまうと激しい痛みが起こったり、戻すことができなくなったりするので注意が必要だと言えます。

無理のない範囲で行うことが大切ですが、毎日のようにこのトレーニングを続けることで包皮口を広くすることができるでしょう。早ければ数か月ほどで解決しますが、個人差があるので数年ほどかかってしまう人もいることを知っておく必要があります。早急に改善したい場合は向いてませんが、解決するまでに時間がかかってもよいのであれば自分で治す方法を実践することが可能です。

確実にカントン包茎を治すためにはどうするべきなのか

確実にカントン包茎を治したいと考えるのであれば、包茎手術を行うことが推奨されています。自分で包皮口を広げていくこともできますが、この方法は長い時間がかかってしまうので、成果が出るまでに諦めてしまう人も少なくないです。亀頭が大きすぎる場合や包皮口が小さすぎる場合は、自分で皮を伸ばす方法が上手くいかないということもあるでしょう。

けれども、手術を行うのであれば日帰りの数時間程度の施術でカントン包茎を解決することができます。術後しばらくは性行為や自慰ができない、安静にしておかなければならないなどの制約はありますが、短期間で症状を改善することが可能です。早く子供がほしいなどの理由で早急にカントン包茎を改善したい場合などは、素早く確実にカントン包茎を治すことができる手術を選択するべきだと言えます。

カントン包茎は包皮口を自分で広げるか手術を行うかという方法でなければ治すことができません。別の方法で解決することは難しい問題なので、絶対に解決したい場合は施術を検討することをおすすめします。信頼できるクリニックで施術を依頼すれば、安心感のある方法でカントン包茎を治すことができるはずです。

まとめ

カントン包茎の男性は、治療しないことで起こり得る問題や自分で治す方法、確実に治す方法などについて疑問を抱えていることが多いです。この症状に関する悩みを解決したいのであれば、治療の必要性や具体的な治療方法を知っておくことが大切だと言えます。

痛みを感じる場合や清潔さを保つことができない場合はカントン包茎を治すべきなので、適切な方法で症状が改善できるようにしましょう。カントン包茎は自力、もしくは病院で治すことができます。自分に適した方法で処置を行い、カントン包茎の悩みを解決できるようにしておくことが大切です。

PRサイト
カントン包茎って真性包茎や仮性包茎とどう違うの?
各症状別、状況別に最適なカントン包茎手術を提案致します

メンズサポートクリニック
TEL:0120-76-6800
新宿院:東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
横浜院:神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階